光の旅路(19)2015.8月号

「雨ぬれて」

挿絵1「雨ぬれて」 145×77cm 2015年制作 紙本彩色

 

この絵の取材地はドイツの南バイエルン州ローテンブルクという小さな城塞都市です。ここはドイツ・ロマンチック街道のノイシュヴァンシュタイン城と並ぶ世界的な観光地として知られています。旧市街をぐるりと囲む城壁や門と建物群。名物のお菓子である揚げ菓子のシュネーバル(雪玉)が有名です

第二次世界大戦終戦直前の1945年に米軍の空爆を受け、主に旧市街東部の家屋、公共建築物、望楼と市壁が600mにわたって破壊されました。

さらなる爆撃を受けるところを、この街の美しさを聞かされていた米軍人が作戦に反対した事、ローテンブルクを守備していたドイツ軍隊長も速やかに降伏したことにより、最も重要な歴史的建造物のある地域は被害を免れる事が出来ました。

現在は再建された東側の城壁の内部を歩いて回ることができます。城壁を歩くと、壁に石のネームプレートがたくさん埋め込まれています。

これは再建のための資金が必要だった街が一計を案じ、一定以上の額を寄付した団体・個人名を市壁の通路内側に彫り込むという『お返し』つきで、全世界に寄付を要請しました。このことで多額の寄付が寄せられ、街は戦前の状態に忠実に再建されました。

ネームプレートには日本の個人名や企業名が多数見受けられ驚きましたが、いかに日本とローテンブルクの繋がりが深いかが分かりました。

ローテンブルクのホームページより寄付出来るみたいです。一口1000ユーロ(14万円)ということですからローテンブルク城壁に自分の名前を残すのも面白いかもしれません。

 ※参考資料『ウィキぺディア』引用

挿絵2「カトレア(素描)

挿絵3「アイリス(素描)

 

 

展覧会のおしらせ

『第70回春の院展』 広島展

《日時》8月13日()~8月24日()

《場所》そごう広島店

一般600円、大学生以下無料

『雨ぬれて』を出品致します

お近くの際は御高覧頂けましたら幸いです。